生活保護のメリットとは

生活保護とは、突然の病気や怪我などによって働けなくなり、生活をしていくことが困難になった場合に国が最低限の生活を補償するという法律で定められた制度のことを言います。生活保護を受給するには様々な基準をクリアしなければいけません。生活保護を受給すると貯金ができない、生活費以外に使用してはいけない、家賃に上限があるなどの様々な制約を受けることになります。ですが、メリットもたくさんあります。一番大きなメリットは金銭的援助が受けられることです。また、現金の支給だけでなく医療扶助もあります。収入がなく生活にも困るような状態では健康保険の保険料も払えないことが多く、そうした場合でも生活保護を受けると国民健康保険の脱退手続きを経て、保険料を支払わなくてもいいようになります。そして保険料を払わなくても、定められた手続きをすることで病院で治療を受けられるようになります。医療費がかからないためお金がないから病院で治療を受けることができない、といった不安からも解消されます。その他にも生活保護で支給される現金には税金がかからないといった税金の免除や、水道料金や公私立学校の授業料が免除されるなど公的負担が軽減されるというメリットもあります。

生活保護の受給における制限事項について

生活保護は、日本国憲法によって規定されている生存権の保護を目的として、それが必要と判断されれば申請に基づいて受給する事が可能です。但し、文化的で健康的な生活の維持の為であると規定されている為に、受給においては幾つかの制限が加わる可能性があるというデメリットがあります。例えば、車や不動産物件の所有が制限に当たります。何れも売却する事が可能な資産であり、当面の生活資金に充当出来るものとして考えられる為です。但し、車を手放す事で交通面における著しい制限を受ける場合や、資産価値等の関係から売却して新たに住居を借りるよりも生活の維持が行い易いと考えられる住居の場合、最近では個別に継続保有が認められているケースもあります。また似たような理由で、保険の解約が求められるケースが殆どです。特に解約に伴って一時金が支払われるような保険商品においては、これを当面の生活資金に充当する事が求められます。加えて生活保護費については、その使途について予め制限を受ける事になります。基本的に全てを生活費に充てる事が前提とされている為、例えば一部を僅かづつでも貯金して旅行に出かけるといった使い方は制限の対象とされています。

 

即日融資はこちらから。

更新履歴