生活保護 金額

MENU

生活保護でもらえる金額はその地域などによって違う

生活保護の受給額というのはその地域やその人の収入、家族構成などで変わります。その場所や家族の人数などによってもらえる金額が違ってくるのです。たとえば、その地域がとても物価が高かったりするとその場所で生活するために必要な金額が当然いるので、その場所によって多くなったり少なくなったりするのです。生活保護は貧困で生活が苦しい人のためのものなので、収入があるのに生活保護をもらうということはできないのです。働くことができなくてどうしても収入が少ない、という人がもらうべきものだといえます。働けるのに働かない、という人は仕事を紹介してくれることもあるので、簡単に生活保護で収入が入るということはないです。当然、受給されることになれば生活にも制限が出てくることもありますし、逆にそれまで受けることができなかった病院での診察や住居、教育、介護などの扶助が加算されることもあります。生活保護を受けている人のお金はきちんと働いて税金を納めている人たちのお金です。どうしても働けないという人が生きるためのものです。生活保護は人が生きるためのものなので動物やペットを飼うことも制限されます。それまで一緒にいたペットと離れなければいけなくなることもあります。